事務所概要


ご挨拶

                                                                                                  

 はじめまして、そうまマンション管理士事務所の、相馬と申します。

このたびは、私のHPをご覧いただき誠にありがとうございます。

 都市における持家住宅として定着した分譲マンションのストック数は、約601万戸に達し、約1480万人の国民が居住しております。また、今後も供給が見込まれる等、国民の主要な居住形態の一つとしてその重要性が増大しております。

 分譲マンションの場合は、皆様ご存じの通り、自分の部屋以外の大部分は共用部分であり、それを区分所有者全員で管理する必要があります。しかし通常の場合は、管理するには、専門的な知識が必要であり、また時間的な問題等の理由でマンション管理会社に委託しているのが現状です。その業務は、多岐にわたり実施されています。その反面、本来皆様のための管理組合が、自主性がない状態になってしまっております。そして管理会社主導の管理組合運営が実施されているようにも思われます。

  管理会社の担当者は通常10件前後の管理組合を担当しており、目の届かない部分も発生してしまいます。その結果、管理組合の財政困難、建物の不健全化等が発生しても気づかずに大きな問題が発生してしまう可能性があります。

 マンション管理士は、管理組合側の立場にたち、管理組合の運営その他マンションの管理に関し、管理組合の管理者等又は区分所有者等の相談に応じ、助言、援助その他を行い健全なマンション管理運営ができるようにサポートいたします。そして本来の管理組合主導型の管理運営を取り戻して、区分所有者全員の利益が損なわないように管理組合運営をサポートいたします。

 マンション管理の適正な運営には、外部の専門家であるマンション管理士が、第三者的な観点で管理組合運営を総合的に監査することが大切だと個人的には考えます。

  そうまマンション管理士事務所では、様々な問題点を指摘し、皆様の大切な資産を

維持し、快適に住むことができるように、管理組合運営をサポートいたします。

ぜひお問い合わせをお願い申し上げます。

 

  

                        平成28年2月